首里城

大変残念なことに2019年10月31日未明に大規模な火災があり、首里城本殿などが全焼してしまいました
沖縄県民はとてもショックを受けていますが、力を合わせ復元に向けて前に進んで行きたいと思っております

現在首里城は以前の約8割ほど散策可能となったようです。

有料区域入場料
大人:400円 中人(高校生):300円 小人(小・中学生):160円 6歳未満:無料

開閉時間
有料区域 9:30~17:30

無料区域 8:30~18:00

※チケットは各時30分前迄
※休館日 7月の第1水曜日とその翌日

(2021年1月現在 詳細は公式ホームページにてご確認下さい。)

以下は火災前に書いた首里城の記事となります

沖縄観光タクシードットネットもオススメの観光スポットのご紹介です。
沖縄といえばまず思いつくのがここ、首里城です。

那覇空港からタクシーで約30分。小高い丘の上から那覇の町並みを見渡す位置にありますがゆいレール(モノレール)『首里』から徒歩15分、また、路線バスも通っているのでわりとアクセスもいいです。
沖縄北部の一番人気スポットの美ら海水族館からはタクシーで高速道路を利用して約1時間30分。

首里城城下は景観を守るため、建物は『赤瓦』屋根での統一が規定となっています。

<首里城公園の基本情報>

首里城公園は意外に広く、無料区域と有料区域に分かれています。

無料区域だけでも、首里城感は味わえますが、皆さんがよく目にする下記の正殿は有料区域にあり、意外に公園入口からは遠いです。

階段も凸凹があり急なところもあるので、ヒールなどの方は気をつけてくださいね。

hm0002-6

正殿にはぐるりと展示室が設けられており、琉球王国の歴史や琉球王朝時代の飾りなども見事に再現されています。
何度も焼失し、今では再現で残されている首里城ですが、鮮やかな赤は今も昔も変わらず綺麗です。

20160220015814

日没から24:00までは毎日ライトアップされているので、夜は一度城下から見上げてみるのもおすすめです。

歴史好きの方は展示物も充実しているので、有料区域はおすすめですが、外観や雰囲気だけでもいいと言う方は無料区域だけでも十分に味わえます。

無料区域では火曜、水曜、土曜、日曜・祝日に1日3回、琉球の踊り『舞への誘い』も披露されています。

20160220015844

また、正殿入り口とは反対になり行かない人も多いのですが、『西のアザナ』は物見やぐらになっており、こちらからはパノラマで那覇の町や海をを見渡せます。

西を向いているので夕日の時間は町がオレンジ色に染まり大変綺麗ですよ。沖縄ではどこからでも水平線に沈む夕日が見れるのがいいところです。

<首里城金城町石畳道>

写真 12

首里城から徒歩で約10分のところにある歴史を感じられる石畳の坂道で、雑誌やテレビなどでも良く使われている場所です。
タクシーで入り口までご案内も可能です。

3m幅ほどの路地が続き、現存しているのは238mでなかなか急な坂道のため、足腰に自信のある方向け。

途中には願いが一つかなうという大アカギのパワースポットや、見晴らしの良いカフェがあり、上り坂に疲れたら休憩もできます。

是非観光タクシーをご利用してみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる