1月のおすすめは桜祭り

1月から2月にかけての沖縄のおすすめ観光スポットのご案内です
すでに桜が咲いていますよ~と何度かご紹介していますが、
1月中旬から全国より一足もふた足も早い「桜まつり」がはじまります。

桜は【寒緋桜(カンヒザクラ)】といって、皆さんが桜といえば思い浮かぶ
であろう代表的な【ソメイヨシノ】とはちょっと特徴が違うんです!
寒緋桜の花の色は濃いピンク色をしていて、花はちょっと下向きに咲いています

そして花が散るときにはヒラヒラと花びらが散っていくのではなくて、「ボテッ」と花が
まるごと落ちてしまいます。
そんな沖縄の寒緋桜が咲き乱れるのは1月の中旬頃からで、沖縄北部の【本部
八重岳桜まつり】と【今帰仁グスク桜まつり】から『日本一早い桜祭り』が開催されます
寒緋桜の桜前線は北上ではなくて南下していく桜なんです!
なので、沖縄は北部から桜まつりはスタートしていくんですよ~
それでは1月のオススメ『日本一早い桜まつり』のご紹介をさせていただきます。
まずは【本部八重岳桜まつり】です。

八重岳はこのように車で頂上まで登っていく事ができ、道路沿いに桜並木がありま
すので天気に関係なく車内から桜を見ることができます。
頂上付近まで行くと駐車場や公園があり、ゆっくりと桜を見ることが出来ます。
続いては【今帰仁グスク桜まつり】のご紹介。

世界遺産の今帰仁城跡内の中にも多くの桜があり、写真の様に城壁や石畳沿いに
桜並木があります。
桜まつり期間中は夕方から今帰仁城跡内がライトアップされてとても幻想的ですよ~。

八重岳、今帰仁城跡の桜祭りは1月19日~2月3日までです。
この時期は是非、北部まで足を伸ばして寒緋桜を堪能されてくださいね~

美ら海水族館前で撮らせていただきました。

おはようございます。
今日も日課のウォーキングと洗車から一日が始まりました!
昨日、「なんとなく今日は良い天気になりそうな予感・・・。」って言ってましたが、残念ながら雨が降ってしまいました。。。
しかし、雨でも観光は楽しめます!
昨日の観光タクシーのお客様の一枚。美ら海水族館前で撮らせていただきました。

仲良しのお二人は北海道からのお客様でしたが、沖縄は同じ日本とは思えないぐらい、建物や木や自然が違うとのことでした!
そうですね~。やっぱり沖縄は異国のような感じがしますよね~。
ご案内したお客様から多くいただく言葉です!
ご利用ありがとうございました!またのご利用お待ちしております!
さて、今日も一日、北部観光案内がこれからあります。

4月~6月のおすすめコース 【長寿の村 大宜味村】

見所の多い沖縄ですが、このシーズンは「長寿日本一の村、大宜味村」へのご案内をお勧めしております。

大宜味村ではゆったりとした時間が流れている気がします。
長寿の秘訣はそこにあるかも知れないですね。。
ゆっくり、のんびりと旅行を楽しみたい方にお勧めの場所です。
大宜味村では下記のような場所へご案内いたします。
芭蕉布会館

国指定重要無形文化財に指定されている芭蕉布織り。
芭蕉布会館は、後継者育成を目的とした施設で、伝統を受け継いでいる人
たちの共同作業場にもなっています

大宜味村には昔ながらの風景や自然が残っていますし、とても静かな
場所です。
写真では伝えきれないですが、とても魅力的な場所です。
「沖縄の長寿の秘訣を知りたい」
「定番の観光地ではだけじゃなく、自然の風景を見学したい」
という方にはお勧めの観光プランです。

那覇空港から大宜味村までの道のりは長いので、大宜味村ご案内の観光タクシーのプランは
8~10時間程度のお時間をいただいております。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる