美ら海水族館

お問い合わせ08042751774

美ら海水族館

2021-02-03

沖縄観光で一番訪れる人が多いのがこの美ら海水族館です。
那覇から片道約2時間と少し距離がありますが、周辺にも古宇利島など多くの観光スポットが点在していているのも魅力の一つです。

ジンベイザメの餌やり

常に悠然と泳いでいるかのようなジンベエザメも、実は一日の動きに変化があるそうです。最も速く泳ぐ時間帯は、エサやりの直前のようです。
美ら海水族館では、15時と17時にジンベエザメの給餌解説があります。

オキちゃん劇場

美ら海水族館は海洋博公園という公園の中にあります。
その公園の中にある、オキちゃん劇場ではイルカショーを観ることができます。

公園の敷地内にあるので、入場料も観覧料も要りません!
無料なのですが、かなりちゃんとしたショーをみられるので、ショーの時間には沢山の人で、席が埋まってしまうこともしばしば。

イノーの生き物たち(タッチプール)

水族館に入るとまずは、イノーの生き物たちと題して沖縄の浅瀬にいる生き物たちがいます。

ヒトデやナマコなど沖縄の浅瀬で良く見る生き物たちに触れることができます。沖縄で海水浴をしていても良く見かけるので海水浴に行く前にこちらで触れる生き物をすこしお勉強するのもいいかもしれませんね。

「サンゴの海」・「熱帯魚の海」

美ら海水族館の最初の水槽は「サンゴの海」・「熱帯魚の海」。これらの水槽は特徴は、自然光を取り入れています。
見学する時間帯や天候によってさまざまな表情を見ることができるんです。

またこちらの水槽では6月にサンゴの産卵も確認されているそうです。
※館内の映像で様子を見ることができます。

チンアナゴ

美ら海水族館でも子供たちに人気があるのが、チンアナゴです。サンゴ礁への旅個水槽のコーナーで大勢に囲まれています。
くりっとした目で砂の中から体を出して餌を探している姿は眺めているだけでもとても癒されます。こちらではチンアナゴだけでなく色がカラフルなニシキアナゴも一緒に暮らしています。運が良ければ砂から出て泳ぐ姿も見れるかもしれません。

黒潮の海

美ら海水族館の一番の人気スポットである黒潮の海は他方向から観ることのできる大型アクリル水槽です。ジンベエサメやマンタを始め、70種類もの魚たちがダイナミックに泳いでいます。間近でも観れますが、専用シートに座り、ゆっくりと楽しむこともできます。また時間帯によってジンベエザメとマンタの迫力ある食事シーンも観覧することができます。

観光地名称 美ら海水族館
所在地 沖縄県国頭郡本部町石川424
営業時間 10月~2月8:30~18:30(入館締切:17:30)3月~9月8:30~20:00(入館締切:19:00)
料金 大人1,880円 中人(高校生)1,250円 小人(小、中学生)620円 6歳未満無料
休園日 12月の第1水曜日とその翌日(木曜日)

地図


ご予約フォームは24時間受付

お問い合わせはこちら



PAGE TOP

新着記事INFO




MENU

ご予約

電話
HOME